| main | ランチェスター戦略 第一法則 >>

スポンサーサイト

  • 2013.08.18 Sunday
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ランチェスター戦略とは

ランチェスター戦略の生みの親F・W・ランチェスター(フレデリック・ウィリアム・ランチェスター)は1886年イギリスのロンドンで生まれた。

航空工学のエンジニアで特にプロペラの研究は有名。若い頃は自動車のエンジニアでもあった。
1916年にランチェスターが書いた「戦争と飛行機第四の武器の曙」は飛行機が戦闘に与える影響を計量的に数理的に研究したものとして注目され、イギリスでは英国空軍省が創設。

その後、アメリカの数学教授クープマンによってランチェスター戦略モデル式として発展し、第二次世界大戦では軍事戦略として大きな成果を収めた。

そして、日本では田岡信夫が、ランチェスター戦略を販売戦略として研究し、広めていった。そして、田岡信夫が広めたランチェスター戦略は、従来の精神主義・根性論を排除した科学的かつ実践的な販売戦略として高く評価された。

1位を強者と呼び、2位以下を弱者と呼んでいる。

スポンサーサイト

  • 2013.08.18 Sunday
  • -
  • by スポンサードリンク

search this site.
selected entries
categories
archives
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
links
profile
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links