スポンサーサイト

  • 2013.08.18 Sunday
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


一点集中のリスクを分散する

ここのところ、日本の大企業は生産拠点を中国に一極集中する流れを嫌い、東南アジアの他の国にも生産拠点を分散しています。
続きを読む >>

ドミナント戦略

ランチェスターの一点集中の戦略と似たような戦略に「ドミナント戦略」というものがある。

「ドミナント」は英語で書くと「dominant」。

辞書には「支配的な、有力な、優勢な、支配する、主要な」という意味が載っている。

ビジネスにおける「ドミナント戦略」とは、攻める地域を特定し、その特定した地域内に集中して店舗を出店すること。

これにより、バラバラに出店するよりも効率が上がり、一点集中でそのエリアの顧客を独占することができる。
続きを読む >>

ウルフ・パック(狼の群れ)

大前 研一さんの書籍「知的武装 金言集Part.II」の中に「ウルフ・パック(狼の群れ)」という言葉が出てきます。

知的武装 金言集Part.II
大前 研一
493077411X

ウルフ・パックとは?

大前研一さんは次のように説明します。
続きを読む >>

出店を1つの地域に絞ることでロジスティクスが効率化する

ランチェスターの一点集中の考え方は、セブンイレブンや吉野家といったフランチャイズを展開しているビジネスにも当てはまります。

チェーン店にとって重要なことの1つにロジスティクス(商品の配送)があります。
続きを読む >>

カエルを食べてしまえ!

評価:
ブライアン トレーシー
ダイヤモンド社
¥ 1,260
(2002-03)
先日、ブライアン・トレーシーの「カエルをたべてしまえ!」という本を読んだのですが、この本には、ランチェスターの一点集中の考え方が豊富に詰まっています。

この本の「カエル」とは、「最も重要で難しい仕事」のことです。

「最も重要で難しい仕事」を1日の最初に終わらせてしまえば、生産性が上がるというわけです。

そして、各章のはじめには、歴史上の偉人や著名人の残した名言が掲載されているのですが、そこには、一点集中の考え方に触れている人が多いんです。

読んでいて、「これってランチェスターと同じじゃん」と思ってしまいました。

つまり、仕事の能率を上げることにも、ランチェスターは応用できるようです。

さすが、ブライアン・トレーシーです。
続きを読む >>

続けることは一点集中になる

ランチェスター戦略には一点集中するという概念がある。

これは2つも3つも分散すると戦力が比例して弱くなるからだ。

狙いを定めた1点に集中投下する。

これがランチェスター戦略の重要なポイントだ。

そして、1点に集中することは、続けることとも言い換えることができる。
続きを読む >>

search this site.
selected entries
categories
archives
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
links
profile
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links